PCのGoogle Chromeバージョン42で動画が見れなくなったら?

パソコン環境のGoogle Chrome(クローム)ブラウザにおいて、「NPAPI」を利用したプラグインが初期状態で無効化されているようです。

参考サイト:
「Google Chrome 42」でNPAPIが無効化。Unity Web Player/Silverlight/Lyncなどに影響 – 窓の杜

各種動画配信サービスではMicorsoftのSiliverlightプラグインを使用しているものも多いため、PC+Chrome環境によっては動画が見れなくなる、という状態になっているようです。

取り急ぎの解決方法としてはChromeブラウザのアドレスバーに「chrome://flags/#enable-npapi」と入力し、NPAPI機能を有効にすれば良い、とのことです。

私の環境でこの対応をしたところ、DMM.comやdTVなどのSilverlightプラグインを使った動画サービスにて動画再生ができることを確認しましたので、以下手順などのメモを残しておきます。

スポンサーリンク

Chromeブラウザのバージョンを確認

chrome-npapi01

ブラザの右上「設定」アイコンをクリックしメニューを表示。次に「Google Chromeについて」を選択すると、概要ページにてChromeのバージョンが確認できます。私の環境も写真の通り「バージョン42」以降になっています。

NPAPIを有効に

chrome-npapi02

アドレスバーに「chrome://flags/#enable-npapi」と入力し、「NPAPI」の設定にて「有効にする」をクリックします。

chrome-npapi03

Chrome自体の再起動が必要なのですが、ブラウザをすべて閉じただけでは終了しません。ツールバーにいるChromeアイコンを右クリックし、「終了」をクリックします。これで完全にブラウザが終了したので、Chromeブラウザを再度立ち上げます。

動画配信サービスで確認

chrome-npapi04

動画配信サービスにて動画の再生ボタンをクリック。写真のようにプラグインがブロックされた状態になっていたら、右クリックより「このプラグインを実行」をクリックすると、プラグインの動作が許可され、動画の再生が始まります。

chrome-npapi05

もしくはプラグインに✕(バツ)が付いたアイコンをクリックし、許可・ブロックなどお好みの方法でプラグインを許可しましょう。

以上、NPAPIの覚書でした。ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする